北の遊び人

年中無休で北海道を遊び尽くす

IMG_5455.JPG

富良野岳〜十勝岳エクストリーム縦走(報告編②)

2日目。
午前4時起床。
上ホロカメットク小屋の玄関を開けるとすごい景色が広がっていた…

IMG_5459.JPG
雲海と朝日がお出迎え。昨日はガスって何も見えなかったのに、今日は雲海パラダイス。

もちろんポージングも決める。

IMG_5480.JPG

得意の一点倒立。(瞬間移動ver)

朝食はミートソースペンネ。

IMG_5205.JPG

ダラダラと準備をして上ホロカメットク小屋を出発し十勝岳へ。

もしかしたら飛び込んでもフワって着地できるんじゃないかってくらいの雲海。

IMG_5249-0.JPG

十勝岳山頂へ到着。
昨日は悪天候でほぼ景色は楽しめなかったのに対し、この日は雲海を見ながら、十勝岳の山頂から昨日登った富良野岳が見えちゃうサプライズ。

IMG_5258-1.JPG

ここ何階?雲海‼︎とか1人でいっちゃうくらいテンションが上がります。

さぁここからは下山天国?地獄?の始まり。十勝岳の標高2077mから上富良野駅標高200mまでの役1800mのダウンヒルの始まり。

下りを甘く見ていた3人の下山がスタート。十勝岳上部の岩場を下り終わったところで自分たちの集合写真が無いことが判明。

十勝岳をバックに写真を撮る。しかし、普通で良いのか?でもカッコつけるのは嫌いだ。ということで、わざわざ三脚を立てポージング。

IMG_5455.JPG

お盆休みだからなのか、ものすごい数の登山者。でも僕たちのハートはとても強い。

そこからは望岳台まで意外と辛い下り。テンションが下がると「辛い」という2文字がでて来てしまうので、望岳台まではずっとモノマネをしながらバークショー♫しながら下山。

無事に望岳台に到着。この時点でやり切った感。しかし私達の冒険は終わりではない。終わりというよりも、望岳台は始まりにすぎない。そう、ここからはMTBでの上富良野駅まで林道と舗装路を40kmダウンヒルの始まり。

ここでKEI君と知り合いのMTB変態?ご夫婦と合流。

今まで縦走してたのか?と思うくらいなぜかテンションMAX。そう私達は変態。

IMG_5293.JPG

IMG_5299-0.JPG

ここからは自分達の未開拓の林道。とりあえず25000分の1の地図で研究したルート通り「えっ?これ大丈夫?」って道をダウンヒル。

IMG_5301.JPG

IMG_5313.JPG

崖っぷちを走ったり、よくわかんない傾いた階段を降りたり、岩場をMTBを担ぎおろしたり、なかなかのワイルド感。でもそんなことも好き。なんてったって変態だもの。

そこからはそれなりに整備された林道と突然現れる岩場の繰り返し。カメラ撮る気満々だったDAI氏は気持ち良すぎて先頭をぶっちぎりカメラを構える気はない。

自分達も奇声をあげるのが精一杯。

途中、しっかりと整備された林道では撮影会。

IMG_5499-0.JPG

気持ちよすぎて、縦走の疲れと言うものはもう心の片隅にもない。

そこから白金温泉まではまた気持ちよすぎる林道をカメラを撮る暇なく下り白金温泉付近へ到着。そこからは白髭の滝、不動の滝、青い池を見ながら林道ダウンヒル。

白髭の滝

IMG_5352.JPG

IMG_5350.JPG

不動の滝

IMG_5355.JPG

青い池

IMG_5361.JPG

この後ビルケの森に移動しアイスを食べてから舗装路を上富良野駅までダウンヒル。

上富良野駅までの舗装路はあっという間!上富良野駅で集合写真を撮って終了。

IMG_5529.JPG

最後に上富良野駅にデポしていた車で望岳台に置いてある車を取りにいく途中では素晴らしい夕陽。

IMG_5423.JPG

これにて富良野岳〜十勝岳エクストリーム縦走の報告終わり。

こういう様々なアウトドアアイテムを使って自分達の遊び方を提案する。というのが私達のスタイル。

これが当たり前だよ?っていうことにとらわれず、「あたりまえはあたりまえじゃない」という気持ちで全力で遊んで行きますので今後のBlogもみていただければと思います!

MTBビルケの森三峰山上ホロカメットク小屋上ホロカメットク山上富良野岳上富良野駅不動の滝十勝岳富良野岳望岳台白髭の滝縦走青い池

ken • 2014年8月16日


Previous Post

Next Post